貯水槽、受水槽等、各種水槽の清掃及び調査、水質検査

貯水槽の清掃
 貯水槽・受水槽は 1年以内ごとに1回清掃し、槽内の点検も行います。
清掃作業報告書(作業行程、内部設備状況等の記録)を作成いたします。

水質検査
飲料水の水質検査は、原水として水道水のみを使用するビルと、地下水などを
使用するビルでは水質検査項目や頻度が異なります

水道水のみを使用するビル
グループ
検査項目
検査頻度
省略不可項目(11項目)
一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH値、味、臭気、色度、濁度
6ヶ月以内ごとに1回定期的に実施

消毒副生成物(12項目)
シアン化物イオン及び塩化シアン、クロロ酢酸、クロロホルム、ジクロロ酢酸、ジブロモクロロメタン、臭素酸、総トリハロメタン(クロロホルム、ジブロモク
ロロメタン、ブロモジクロロメタン及びブロモホルムのそれぞれの濃度の総和)、トリクロロ酢酸、ブロモジクロロメタン、ブロモホルム、ホルムアルデヒド、
塩素酸

毎年6月1日から9月30日までの間に1回実施
 

 地下水などを使用するビルの場合 
 
グループ
検査項目
検査頻度
省略不可項目(11項目)
一般細菌、大腸菌、亜硝酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、有機物(全有機炭素(TOC)の量)、pH値、味、臭気、色度、濁度
6ヶ月以内ごとに1回定期的に実施

シアン化物イオン及び塩化シアン、クロロ酢酸、クロロホルム、ジクロロ酢酸、ジブロモクロロメタン、臭素酸、総トリハロメタン(クロロホルム、ジブロモク
ロロメタン、ブロモジクロロメタン及びブロモホルムのそれぞれの濃度の総和)、トリクロロ酢酸、ブロモジクロロメタン、ブロモホルム、ホルムアルデヒド、
塩素酸
毎年6月1日から9月30日までの間に1回実施
有機化学物質(6項目)
四塩化炭素、シス-1,2-ジクロロエチレン及びトランス-1,2-ジクロロエチレン、ジクロロメタン、テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン、ベンゼン
3年以内ごとに1回定期的に実施
フェノール類(1項目)
フェノール類
全項目(51項目)
水道法に基づく水質基準(省略不可項目などを含む全51項目)
竣工後、給水設備の使用開始前に1回実施

 
 
あなたの飲み水は安全ですか?

水質検査を行っていますか?

各種水槽に詳しい担当者がお伺いします


受水槽断面図 


            
受水槽内清掃前                     受水槽内清掃後


受水槽内が汚れてくると飲み水が大変不衛生な状態になり健康にも悪影響を及ぼします。 
年に一度は水槽内部の清掃をお勧めします。



トップへ
トップへ
戻る
戻る